こどものけが,子供の怪我,肘内障,靭帯,脱臼,徒手整復,疼痛,骨端線損傷

 特にひじの痛みを訴えたり、急に手を使わなくなったりしたときに、肘内障という靭帯の脱臼と診断され、徒手整復を受けたにもかかわらず症状が改善せずに、当院を受診される患者さんが時々いらっしゃいます。
原因はしっかり整復されていなかったこと、肘内障ではなく捻挫もしくは打撲だったこと、また怪我の場所がひじではなかったことにあります。残念ではありますが正しく診断されなかったということです。靭帯の脱臼であれば、整復直後から疼痛はなくなり患児は手を動かすようになります。
もし整復を受けたあとでも、手を使わないようであれば再度整形外科専門医を受診してください。最悪、骨端線損傷という子供特有の骨折の可能性もあり、将来ひじの変形が生じることもあるのです。

成長痛(オスグッド氏病、踵骨骨端症)

 成長期に膝や踵に痛みがあると、成長痛だからと軽く見られ、放置されることが、しばしば見受けられます。痛みを我慢して、運動を続けているうちに、膝や踵の痛い所が腫れあがり、歩くのも痛くなったころ、ようやく受診される例においては、軟骨障害が完成していることが多々見られます。そうなると、成長が止まったあとも、運動することで痛みが再発するという後遺症が残ってしまいます。
成長痛は、スポーツをしていない子、そして、なわとび等、脚に過度の負荷をかけていない子には、出現しないのです。ですから痛みが出現したときは、原因である運動を中止して、すみやかに整形外科を受診してください。