ひざの痛み,森田整形外科医院,富山市,整形外科,リウマチ科,内科,リハビリテーション科,スポーツ外来

ひざの痛み

変形性膝関節症とはひざの関節の軟骨が徐々にすり減って骨が露出し、骨がぶつかり合って変形を起こす病気です。
 

原因

発症には加齢や筋力の衰えなどが関与しますが、はっきりとした原因は特定されていません。

 

初期症状

起立時や階段昇降時に感じる痛み。歩きはじめに痛みを感じるが歩行時痛はない。

 

中期症状

症状を繰り返すうちに歩行時痛が強くなり、膝を伸ばせなくなったり、正座ができなくなったりします。

 

末期症状

日常生活に支障をきたす程の強い痛み

 

予防する方法

  • 日常生活でひざへの負担を減らす
  • 正座をなるべく避ける
  • 肥満の予防
  • 太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)を鍛える (体重をかける訓練をしない)

関節軟骨の変性(老化)と摩耗によって生じる進行性の病気であるため、病気そのものを治すことはできません。したがって可能な限り進行を遅らせることが重要なのです。

 

治療方法

当院での治療は保存療法であり、中心となるのはヒアルロン酸の関節内注射と薬物治療になります。また理学療法、装具療法も適宜行います。

 

 お電話はこちらから ↓